カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
 

まだまだ先です

10月16日(水)

こんにちはMURASEです。

「こどもの金銭感覚、どう養うベキ?」

これは私も悩んでいました。

私の実家は落ち武者の子孫だからか、

質素倹約がモットーです。

しまむらさんの服でさえ縫って使う程です。

その代わり、家は5回も建てて

2回大掛かりなリフォームしてますけどね。

話しは戻り、その記事によると、

7歳くらいから教えて行った方がいいそうです。

労働による対価である事を教えるのも良い手の一つだそうです。

つまり、お手伝いをしたらお小遣いをあげる。

から始めると良いそうです。

スイッチつければ電気が付く、

エアコンが動く、テレビが見れる。

蛇口をひねればお湯が出る、

ウォーターサーバーで水が飲める。

「当たり前じゃない、タダではない」

という事を教える事が大切だそうです。

もし「お金の心配はさせない。のびのびと…」

と育てたいなら、一生何不自由なく与え続ける必要があるそうです。

ただ間違っているのは、

働いてないから食べるな!等は単なるDVですからね。

勉強すればいいし、お手伝いが自然に出来るようになればいいんです。

中Ⅰの息子は、電気やエアコンつけっぱなし、

水筒入れるのが面倒だからペットボトルを買う、

朝ごはん食べずコンビニで好きな物を買い食い等、

改善点は多々あります。

しかし問題はチビです。

後3年も我慢しないといけないんですね。

チビはまだ4歳ですので、

後3年もあります…。

コンビニ等のお店に入れば必ずお菓子が買ってもらえると思ってます。

お菓子、おもちゃ、アイス、ジュース…、

無限のルーティン∞

当たり前のようにおねだりします。

後3年…、

後3年…。

なげー。

本日のご紹介は「リフレッシュメントスプレーα」です。

セラムプロテインとイブロールを配合した化粧水で、

精製水ではなくα-OM2というフルーツ酵母発酵液を使用しています。

α-OM2は精製水に比べ、1.7倍の浸透力があると言われています。

α-OM2が豊凜化粧品の主力成分を、肌への更なる浸透を促し、

お肌に潤いとハリを与え、みずみずしく保ちます。

使い易いミストタイプの化粧水です。

ページトップへ