カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
 

謝る方法

4月19日(木)です。

先日、テレビで世界の最上級の謝罪?方法をやっていました。

日本でしたら「土下座」ですね。

因みに、無理やり相手にらせ土下座をさせると、

「強要罪」という罪になります。

実刑的には意外と重く、

3年以下の懲役で、未遂も含むそうです。

これは土下座だけでは無いんですけど。

さて、謝罪に戻り、

日本では時代によっては「腹切り」等もあったと思います。

テレビで世界の謝罪方法を見て感じたのは、

やはり宗教が関係しているのか、

欧州は言葉でり口では膝間づいて、頭を地面に…等の口頭表現はするが、

実際にはしないそうです。

謝罪と今後の改善案を提案し、許しを請うみたいですね。

ここで日本と違うなーと思ったのは、

欧州は謝罪と今後の改善が同時ですが、

最上級の謝罪と考えると日本の場合は謝罪が先で、

相手が許してくれたら今後の対策について…だと思います。

勿論、ビジネスシーンでは違いますけど、

今回は謝罪として土下座に値するものと考えて書いています。

日本や近隣のアジア圏は「土下座」

中近東の方は膝間づいて手を合わせ謝罪し許しを請う、

相手が許したら差し出された合わせた手をとるというのもありました。

これはイレギュラーだとは思いますが、

インドの子供は耳を引っ張って謝るなんて仕草もありました。

きっと叱る時に、親が耳を引っ張るというお仕置き?があるんでしょうね。

私はまだ子供に対して激怒した事が無いので、

逆に子供の叱り方を学びたいと思います。

さて、最上級の謝罪方法はある程度あるのですが、

そう言えば、最上級の接待?方法は個人によって違う気がします。

対義語が見つかりません。

でも映画などでしか見た事はありませんが、

殿様や王様が会場に入る際、

みんな頭を下げ、所謂「土下座」みたいなスタイルだったと記憶しています。

土下座とは謝罪の意味ではなく、

もっと重要な意味があるのかもしれませんね。

ちょっと調べてみます。


新しく生まれ変わった「リフレッシュメントスプレーα」です。

セラムプロテインとイブロールを配合した化粧水で、

精製水ではなくα-OM2というフルーツ酵母発酵液を使用しています。

α-OM2は精製水に比べ、1.7倍の浸透力があると言われています。

α-OM2が豊凜化粧品の主力成分を、肌への更なる浸透を促し、

お肌に潤いとハリを与え、みずみずしく保ちます。

使い易いミストタイプの化粧水です。

ページトップへ